甲状腺機能低下症 症状 チェック

甲状腺機能低下症のチェック方法

スポンサーリンク

甲状腺機能低下症は、喉にある甲状腺という器官から分泌される甲状腺ホルモンの分泌量が何らかの原因で低下したことで起こるもので、20〜40代の女性の患者が多い病気です。
原因はヨードの過剰摂取や不足、ストレスなどが原因の一時的な機能不全、他の病気の治療のためなど様々なものがあります。
治療は不足している甲状腺ホルモンを薬剤によって補充して、甲状腺ホルモンを正常値に戻す方法になります。
「最近何か体調がおかしい」という場合には、甲状腺機能低下症になっていないかどうかチェックしてみましょう。
主な甲状腺機能低下症の症状は下記のようなものになります。
当てはまるものがないかチェックしてみましょう。
同じ量を食べていても、太りやすくなったむくみやすい倦怠感がある昼間でも眠い脈がゆっくりだ無気力になった急に喉仏が大きくなった気がする生理が異常になったなどです。
チェック項目に当てはまるものの他に貧血も併発していることがあるため、注意が必要です。
これらの症状がある場合には、医師の診察を受けるようにしましょう。
スポンサーリンク

これらの症状で自分でも一番わかりやすいのは喉仏が大きくなることです。
甲状腺は喉仏のすぐ下にある器官のため、普段喉仏があまり見えない女性の場合には急に大きくなったと感じることがあり、これが甲状腺機能低下症の決め手となることがあります。
生理もこれまでは安定していたものが、月経の周期が長くなったり、経血の量が多くなるなどの変化もあります。
放っておくと不妊の原因となってしまうこともあるため、早めの治療が必要です。
しっかりと治療を行い、甲状腺ホルモンを補充すれば妊娠や出産には影響を及ぼさないと言われています。
また、精神的な面でも新陳代謝が落ちるため脳内への血液の流れがゆっくりになるため、眠気があったり無気力になったりしますこれによりうつ病だと勘違いされてしまうことが多いのも特徴です。
甲状腺の機能が低下していても、数値が正常範囲内ならば甲状腺ホルモン剤を服用しなくても良いこともあります。
異常を感じたら、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。
スポンサーリンク