甲状腺機能低下症 症状 眠気

甲状腺機能低下症の代表的な症状に眠気や倦怠感がある

スポンサーリンク

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が減少することにより活動力が低下してしまう病気です。
甲状腺機能低下症は女性に多い病気で、男女の割合は男性が1に対して女性は10以上にものぼり、しかも40代以降の女性の約5%がこれに罹患しているといわれています。
この病気になる原因は主に2種類あり、1つは甲状腺自体に問題があって起こるものでこちらを原発性機能低下症といい、もう1つは甲状腺の働きをうながす甲状腺刺激ホルモンの分泌が減少することで起こるもので、こちらは続発性機能低下症と呼んでいます。
このうち患者数が多いのが、原発性機能低下症です。
中でも、橋本病が原因となってこの病気が起こることが多いとされています。
橋本病は慢性甲状腺炎とも呼ばれる自己免疫疾患で、こちらもその患者の多くを女性が占める病気です。
ただし、橋本病にかかってもほとんどの患者は無症状であることが多く、必ずしも甲状腺機能低下症の症状をあらわすわけではないとされています。
スポンサーリンク

甲状腺ホルモンは、体の代謝をうながしそれを維持する大変重要なホルモンです。
そのため、甲状腺機能低下症にかかると代謝が滞り、それが原因となって活動力が低下してしまうのです。
この病気の主な症状は、昼夜を問わず眠気がある、強い倦怠感、脳の活動性の低下から簡単な計算や物事を覚えにくくなる、汗がかきにくい、顔がむくむなどがあげられます。
また、月経がなくなる無月経もよくみられるものの1つです。
特に耐えられないほどの眠気や倦怠感は、この病気の典型的な症状と言われています。
「最近眠気がひどい」「だるくて動く気がしない」などの様子がみられたら、なるべく早急に病院を受診することが推奨されています。
甲状腺機能低下症の治療は、甲状腺ホルモンの投与が基本です。
投与されている間は、定期的に病院で甲状腺ホルモンおよび甲状腺刺激ホルモンの数値を測定していきます。
これによりホルモン分泌が正常域になれば、これを維持するためその量を長期継続します。
なお、この投与により副作用が起こることはないとされています。
スポンサーリンク