甲状腺機能低下症 症状 しびれ

手足のしびれなどの症状が現れる甲状腺機能低下症

スポンサーリンク

甲状腺ホルモンは全身の代謝を活性化させる働きがあります。
甲状腺機能低下症にかかると甲状腺ホルモンが不足するため、全身のあらゆる部分が不活発になり、さまざまな悪影響が現れます。
具体的な症状としては、眠気やだるさが取れず活気がなくなり、体温が低下して汗をかかなくなり、肌が乾燥し便秘がちになって体重が増えます。
また顔や手足がむくみ、皮膚を指で押しても戻らなくなります。
これは粘液水腫といって、皮膚の下にムコ多糖体が溜まることにより起こります。
そのほか手足のしびれもよく見られる症状です。
しびれるだけでなく、アキレス腱を叩いたときの反射が鈍くなるという特徴があります。
精神面でも記憶力や意欲が衰えるという症状が見られます。
そのため認知症と間違われることがあります。
代謝が遅くなるため有害物質の排泄がスムーズにできず、血管が衰えやすいのも弊害のひとつです。
このような症状が現れたときは、単なる老化現象と考えずに、甲状腺機能低下症を疑ってみる必要があります。
スポンサーリンク

甲状腺機能低下症にかかる人は、女性が男性の10倍以上も多いと言われています。
40代以上の女性の約5%に見られるというデータもあります。
原因は甲状腺自体の機能が低下する場合や、甲状腺を刺激するホルモンが低下する場合などが考えられます。
前者のうち多いのは橋本病で、これは自分自身の免疫細胞が甲状腺を攻撃して炎症を起こす病気です。
ほかには甲状腺の摘出手術や放射線治療の副作用、甲状腺ホルモンの原料となるヨウ素の摂取不足なども原因になります。
甲状腺機能低下症と診断できれば、甲状腺ホルモンを投与するだけで治療できます。
普通は錠剤を飲むだけで、特に面倒なことはなく、副作用の心配もありません。
軽度であれば自然治癒することもあります。
ただし老化だから仕方がないと諦めてしまうことが多く、発見しにくいという問題があります。
便秘・無気力・体温低下・肌の乾燥・手足のしびれなどのうち、複数の症状に当てはまるなら、医療機関を受診することをお勧めします。
スポンサーリンク