甲状腺機能低下症 薬 副作用

甲状腺機能低下症の薬の副作用について

スポンサーリンク

甲状腺機能低下症という病気があります。
その名前の通り甲状腺が関係している病気となっています。
甲状腺機能低下症とはどのような特徴があるのかというと、体の新陳代謝を活発にするという甲状腺ホルモンの血中濃度が下がったときに発症するようになっています。
なぜこのような状態になってしまうのかというと、甲状腺からの甲状腺ホルモンの産生や分泌が低下してしまうことで、下垂体からの甲状腺刺激ホルモンの分泌が抑制されます。
この時に甲状腺ホルモンの代謝が促進された場合に、甲状腺ホルモン製剤を服用している人は、服用する薬の種類によって、ホルモンを補充しなければいけない量が増えたときに甲状腺機能低下症を発症することがあります。
甲状腺機能低下症は早期発見をすることで治療を早く進めることができます。
したがって甲状腺腫があったり無気力や体重増加、このほかに記憶力が低下したり便秘などの症状が見られる場合にはこの病気の可能性が高くなります。
スポンサーリンク

また治療の際に薬を服用することになりますが、副作用が見られることもあります。
副作用に関しては、種類によって異なっています。
比較的に早期に症状が現れるものもあれば、長期間服用することで副作用が発生する薬もあります薬を使った治療を行うときには大切なことがあります。
それは定期的に甲状腺ホルモンの量を測定することです。
これによって実際に必要な薬の量を把握することができます。
副作用として体に現れる可能性がある症状としては、かゆみや皮疹になります。
これは薬を服用してから2週間から3週間以内に発症するようになっています。
10人に1人の割合で現れるようになっています。
赤い発疹が見られる場合には、服用を中止するようにします。
このほかに肝機能異常が見られます。
無顆粒球症というものは、白血球の中の顆粒球という細菌を殺す細胞がなくなってしまうという副作用になります。
1000人に1人という頻度となっていますが、診断するためには血液検査が必要となります。
スポンサーリンク