甲状腺機能低下症 完治

甲状腺機能低下症は完治するのか

スポンサーリンク

甲状腺機能低下症とは、甲状腺の働きが低下することにより甲状腺ホルモンの分泌が低下し発症する疾患のことです。
先天性のものや、幼児期に発症したものは発達上の障害が大きいため、クレチン症とよび病名をわけることもあります。
こうした甲状腺の病気は完治しないと考えられていることが多いですが、現実にはきちんと治療すれば完治する病気です。
甲状腺ホルモンは、体への活力を与えるホルモンと呼ばれており、不足すると体の活力低下をはじめとするさまざまな症状を引き起こします。
体の代謝が低下することから、全身の疲労感や倦怠感、皮膚の乾燥、跡を残さないむくみ、体重の増加、脱毛といった身体的症状があらわれます。
また、抑うつ症状、無気力、眠気、記憶障害といった精神的症状もあらわれます。
これらの症状は、いずれも軽度の場合は他の病気や単なる疲れなどと誤解されることが多く、甲状腺機能低下症と判明するまで時間がかかることもあります。
男性と女性では女性の発症率が高いです。
甲状腺機能低下症には、一過性のものと永続性のものがあり、どちらであるかによって治療法が異なります。
スポンサーリンク

一過性のものには、産後に発症する甲状腺炎や、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎の回復期に一時的に起こるもの、ヨード(海藻類、特に昆布)のとりすぎなどがあります。
こうした一過性のものならば、基本的に治療は必要ありません。
ただしヨードをとりすぎている場合はヨードの摂取を制限することが治療です。
あまりに症状がひどい場合は服薬治療を行うこともありますが、基本的に時間をおけば回復します。
治療が必要なのは永続性の場合です。
治療は基本的には服薬治療です。
甲状腺機能低下症は緊急を要する病気ではないため、弱めの薬からはじめて、様子を見ながら徐々に薬を強くしていくのが一般的です。
ただし、狭心症など心臓病の既往がある場合には薬の量は少な目になります。
この服薬治療が長期にわたることが多いため、完治しないというイメージが強くもたれていますが、実際は時間がかかりますが完治することが多いです。
発症が高齢時だと完治する頃に他の疾病を発症することもあるため一生の病のように考えれれていますが、完治する病であることを信じて、きちんと治療に取り組むのが最善の方法です。
スポンサーリンク