甲状腺機能低下症 良い食べ物

甲状腺機能低下症に良い食べ物を知っておくことが大切です

スポンサーリンク

動悸や息切れや微熱などがでたり、手や足が震えるなどの症状が出たら甲状腺機能低下症の可能性があります。
また精神的な症状として強く不安を感じるようになったり、集中力が長く続かなくなったりします。
甲状腺ホルモンの分泌が過剰になると、甲状腺機能低下症になってしまいます。
エネルギーの消費力が高まるために、食事をたくさん食べても痩せてしまいます。
男性よりも女性の方が甲状腺機能低下症になりやすいとされていますので、甲状腺機能低下症を改善するのに良い食べ物を摂取して予防することが大切です。
重要なことは消費されたエネルギーを補うために、高たんぱくで高ビタミンのものを十分にとるようにしなければなりません。
たんぱく質を含む良い食べ物は、肉類、魚介類、豆腐や牛乳や卵などが良いでしょう。
ビタミンを含む良い食べ物は、ホウレンソウやピーマンやニンジンなどの緑黄色野菜です。
これらの食品は、エネルギー補給を助けてくれる働きがあります。
スポンサーリンク

甲状腺機能低下症に良い食べ物で、とくにおすすめなのが牛肉や豚肉などの赤身の部分に含まれている亜鉛を摂取することです。
亜鉛は細胞の新生や、体内の200以上の酵素の成分として大変重要な役割をします。
甲状腺機能低下症の方が気をつけなければならないのは、コンブやひじきなどは取りすぎないようにしなければなりません。
甲状腺ホルモンの主成分であるヨードが過剰になると、甲状腺腫が起こってしまいます。
海藻類に多く含まれているため、直接に食べるだけではなく加工品やだし汁などにも注意が必要で控えるようにしましょう。
漢方的な働きから予防することも可能です。
発汗や寝汗が多い方などは、ユリ根が良い食べ物です。
ユリ根には汗止め効果があります。
また動悸が激しい方には、強心作用があるハスの実を取ると良いでしょう。
その他にもシソの葉には鎮静作用があります。
様々な不調な症状を治す働きがある良い食べ物を積極的に取り入れて、快適な毎日を過ごすようにしましょう。
スポンサーリンク