甲状腺機能低下症 検査値

甲状腺機能低下症の検査値について

スポンサーリンク

甲状腺の病気をよく耳にすることが多くなっています。
甲状腺とは喉仏の近くにありますが、ここに何か異常が発生すると、体のさまざまなところに症状が現れるようになっています。
そのなかで甲状腺機能低下症という病気がありますが、この病気に関しては検査を行って判断することができるようになっています。
甲状腺から分泌されるホルモンの異常が大きく関わっているという特徴がありますが、甲状腺機能低下症とは、甲状腺からのホルモンが何もしていないのに不足した状態になっている病気となります。
このほかに橋本病と呼ばれることもあります。
検査によってかくにんすることができるようになっていますが、甲状腺機能低下症の場合検査値は、甲状腺ホルモンが減少するようになっているので、甲状腺刺激ホルモンが過剰に分泌されるということがわかります。
これらのホルモンの検査値に関しては、病気の辛酸の際に非常に重要となっています。
甲状腺機能を確認するためには、次のような検査が行われています。
スポンサーリンク

甲状腺機能を確認するためには、基本的に血液検査が行われるようになっています。
ここではさまざまな検査値がわかるようになっているので、ここから病気の診断をすることができます。
血液検査では甲状腺ホルモンと、脳からの命令ホルモンの2種類の検査が非常に重要視されています。
甲状腺ホルモンというのは、血液中でタンパク質に結合するものと結合しないものに分けることができます。
この中で甲状腺機能低下症と関係が深くなっているのは、タンパク質と結合しないものとなっています。
少し前までは、血液中に存在するホルモンが少ないということで、直接検査で測定をするということが難しくなっていました。
しかし最近では放射線で標識を行った抗体を作ることで、血液中のホルモンの量を正確に判断することができるようになっています。
甲状腺からのホルモンの分泌に異常が発生するのは、甲状腺の中で起こっている一種のアレルギー反応が影響をしていると考えられています。
スポンサーリンク